toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2021-01-05

1月の茶花

▼花
曙(あけぼの)
白梅(はくばい)

▼花入
古銅大曽呂利

新春を迎えると日本各地で初点式や点初めなどと呼ばれる一年の始まりを告げる茶席が華やかな雰囲気の中粛々と催されます。「曙」は初春を告げるにふさわしい名前で、桃色が品良く温かみのあることから特にこの時節に好んで用いられます。「梅」は「松竹梅」に代表されるお正月に縁起の良い花で、他に先駆けて咲くことから武家に取って大切な花として扱われてきました。また寒苦にたえて清香を発すると云われ、このような時代にあっても耐え忍んで良き春を迎えたいものです。鶴首に似た曽呂利花入に葉付きの良い「曙」、蕾の開いた「白梅」を添えて紅白を表しています。