toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2020-04-28

5月の茶花

▼花
熊谷草(くまがいそう)
網笠百合(あみがさゆり)

▼花入
古銅龍耳

皐月を迎えると爽やかな薫風とともに風炉釜を据え、道具も涼やかさを主としたものへと移り変わります。季節感を大事にする茶の湯の決まりごととして、茶席では種々の草花がお目見えし明るく彩ります。「熊谷草」は花の形が源平合戦の熊谷次郎直実の背負った母衣の形に似ていることから名付けられ、端午の節句に近いこの時期に好んで用いられる花材です。ラン科で赤味を帯びた花に扇状の葉を上下に組み合わせた一風変わった姿をしています。「網笠百合」は地下の鱗茎が二枚貝が合わさったような姿から「貝母(ばいも)」としてよく知られています。