toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2020-03-02

3月の茶花

▼花
有楽(うらく)
木五倍子(きぶし)

▼花入
沢庵和尚 竹一重切

「有楽」は、織田信長の弟の有楽が好んで茶席に用いた桃色の椿で、ここでは開くまえのものを用いました。「木五倍子」はキブシ科の落葉木で、黒色の染料をとるために「木五倍子」の果実を五倍子(ふし)の代用品として使います。その実の形から「豆五倍子(まめぶし)」、藤のように垂れ下がった風情から「黄藤」とも称され、炉の名残の茶席を彩ります。小振りで品のよい「有楽」と風になびく「木五倍子」が仲春の風情をもたらします。