toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2019-05-03

5月の茶花2

▼花
黒百合(くろゆり)
髄菜(ずいな)

▼花入
古銅大曽呂利

「黒百合」は霊峰白山に自生するところから石川県の郷土の花として親しまれており、夏季になると登山道に群生して、大自然の中で楚々とした姿を見せてくれます。ユリ科バイモ属の高山植物で、花には黒紫色に網目状の模様が入り、ややうつむき加減に花を咲かせます。「髄菜」はユキノシタ科に分類され花を咲かせる前のものを用いました。大曽呂利は落ち着いた姿をしており、写真で見るよりも実際の姿は大きく感じられます。敷板には四方盆を用い、格調高く置き合わせました。