toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2018-10-01

10月の茶花2

▼花
浜菊(はまぎく)
野菊(のぎく)
杜鵑草(ほととぎす)
藤袴(ふじばかま)
金水引(きんみずひき)
吾亦紅(われもこう)
水引(みずひき)

▼花入
手付宗全籠

「浜菊」はキク科の低木状の多年草で、沿岸や砂浜、崖などに群生することからの名称で、また海風を受けて咲くことから「吹上菊」とも呼ばれます。葉は丸形で光沢があり、互生して鋸歯があるなど海岸に咲く花の特徴を表しています。「杜鵑草」はユリ科の多年草で、花には特有の斑点模様があり先の尖った大振りの葉を互生してつけ、立ち上がるまたは垂れ下がるような姿を見せます。名称は野鳥の「ホトトギス」の胸の模様に斑点が似ていることから名付けられたました。「浜菊」を中心に、「金水引」の紅葉した葉が賑やかに美しく、「吾亦紅」、「水引」を添えるなどして7種の秋草を入れました。