toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2018-09-05

9月の茶花2

▼花
秋海棠(しゅうかいどう)
禊萩(みそはぎ)
水引(みずひき)

▼花入
池田瓢阿作 籐組手付有馬籠

「秋海棠」は中国原産で江戸時代初期に渡来し、園芸用として栽培されてきました。「瓔珞草」、「相思草」などの異称があり、紅色のものが一般的ですが、ここでは遠州流8世小堀宗中公の好まれた白花のものを入れています。「禊萩」は、ミソハギ科の多年草で、供え花としてよく見られますが、名称からは祭事に用いられる萩ということから「禊ぎ萩」を略した呼び名が付けられており、神事にちなむ秋祭りを連想させてくれます。「水引」はタデ科の一年草で、上から見ると赤く下から見ると白色に見えることから、紅白の水引に例えての名称です。そのほっそりとした姿は楚々としていながら明るく、秋草の中に入ると全体を引き立ててくれます。ざっくりとした籠花入の手の内に収めるように高さを調節し、野趣のある秋海棠が瑞々しく入りました。