toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2018-05-11

5月の茶花2

▼花
白糸草(しらいとそう)
山荷葉(さんかよう)

▼花入
砂張鶴首

花入の砂張は合金の一種で、黄色い色目が涼やかな印象を与えます。「白糸草」はユリ科の多年草で白い糸の集まりのように見えることからの名称で、別名「雪の筆」とも呼ばれます。「山荷葉」は、白い花を咲かせますが、ここでは「白糸草」と色合いが重なるので、蕾のものを用いています。メギ科の多年草で、中国で呼ばれる「山荷葉」とは別の花と云われています。腎円形の葉を付け、ここでは上部の葉を整理し、大きい下部の葉を用い、花入の胴のふくらみに合わせるように使いました。「白糸草」のふわふわとした姿が風にゆっくりとなびくように優しい印象を与えます。