toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2018-04-02

4月の茶花2

▼花
編笠百合(あみがさゆり)
庭梅(にわうめ)

▼花入
藍阿蘭陀瓢形

「編笠百合」は、花に網目模様が入り、全体が細く先の尖った葉をしたユリ科の多年草で、下にうつむく姿を編み笠に見立てたところからの名称です。一般的には「貝母(ばいも)」として知られており、地下の鱗茎の姿が、貝を二枚合わせたような形のところから名付けられました。「庭梅」は一重咲き、淡紅色のバラ科で、日本には古い時代に中国より渡来しました。古名を「唐棣(はねず)」と呼び、『万葉集』にもその名が見られます。白地に藍色の入った鮮やかな花入がしっかりと映え、瓢形の少しくだけた姿に合わせて「庭梅」は動きのあるように用い、楚々とした「網笠百合」を口元に添えました。「網笠百合」と「庭梅」の優しい色合いが茶席に春らしい華やかさと軽さをもたらしてくれます。