toggle

今月の茶花

今月の茶花

#
2018-02-05

2月の茶花

▼花
加茂本阿弥(かもほんなみ)
紅梅(こうばい)

▼花入
古銅柑子口

如月を迎えると、本格的な雪や寒さは本番を迎えることになりますが、季節の上では節分、立春を過ぎ「次第に暖かくなってくれたらいいのになぁ」という希望的観測を持ちつつ、目の前に春を見つけると心が少しずつ温かくなってきます。「加茂本阿弥」は椀咲きの中輪で、花は大振りで丸く、たっぷりとして気品ある姿をしています。緑色の濃い張りのある葉を付け、花が開きかかる頃に蕾の先から小さな雄しべが顔をのぞかせるのがチャーミングです。「梅」はバラ科サクラ属の落葉高木で、薬用、観賞用、園芸と多岐にわたって日本人の生活に身近に関わってきた花ですが、もともとは薬用の「烏梅(うめ)」が渡来し、その後でその木が入り「烏梅の木」となったなど諸説があります。