toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2021-04-01

4月の茶花

▼花
黒椿(くろつばき)
木瓜(ぼけ)

▼花入
古銅耳付

「黒椿」は4月頃に花を付ける暗紅色の八重咲きで全体に紅紫色の色素が多く新根や枝の髄も紫色になる品種で、咲き初めは松笠状の蕾が特徴的な姿をしています。「木瓜」は平安時代に中国より渡来し古くから庭木として栽培されてきました。バラ科の落葉低木で春には赤色の花を咲かせ庭を鮮やかに彩ることで知られていますが、ここでは椿と色味が重ならないよう白色の5弁のものを用いました。花入の姿が整っているので葉振りの良い「黒椿」を根元に、花の付いた動きのある「木瓜」を添えて炉の名残の茶の湯を格調高く取り合わせました。また椿の暗紫色と「木瓜」の明るい色合が対照的で春らしい爽やかな情景を感じ取ることが出来ます。