toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2021-02-01

2月の茶花2

▼花
太郎庵(たろうあん)
白文字(しろもじ)

▼花入
瀬戸椿手

「太郎庵」は淡桃色の一重中輪、抱え咲きで枝は垂れ下がるように付きます。樹性がやや弱いためおっとりとしていてどこか守ってあげたくなる雰囲気を持っています。「白文字」は「黒文字」と同じクスノキ科で、枝が灰褐色で「アカジシャ」とも称されます。どちらも花は葉に先立って開き早春のものを観賞します。花の終わった後には三裂した葉が特徴的に伸び、種子からはシロモジ油が採れることで知られています。落ち着いた姿の「太郎庵」に固い蕾の枝を添え、これから訪れる春が待ち遠しくなります。