toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2020-11-05

11月の茶花

▼花
白玉(しらたま)
小葉の髄菜(こばのずいな)

▼花入
沢庵和尚 一重切

11月を迎えるとこれまで半年間使ってきた風炉から炉へと移り変り、本格的な冬を迎える囲炉裏を開く炉開きの行事が行われます。また茶壺の口切りをはじめとする行事が粛々と行われ、茶席は草花から椿などの枝ものへとがらりと雰囲気を変えていきます。「白玉」は早咲き椿の代表格として親しまれており、丸蕾に一重の小輪で11月~3月頃まで長い期間使われます。清楚でふっくらとした姿が愛らしく、葉ぶりの良い五葉のものを用いました。「小葉の髄菜」はユキノシタ科の落葉低木で髄を灯心にして用いたり若葉を食用にしたりします。初夏には白い穂状の花を垂れ下がるようにつけ、晩秋には楕円で細かい鋸歯のある葉が照葉に色付きます。「小葉の髄菜」の紅葉に「白玉」が添えられ、晩秋の自然の中に咲く一輪の花の姿を思い浮かべました。