toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2020-06-01

6月の茶花

▼花
紫陽花(あじさい)
笹百合(ささゆり)
都忘れ(みやこわすれ)

▼花入
唐銅薬研形釣舟

「紫陽花」は、これからの時期に庭や公園など美しい花を咲かせますが、茶の湯では古来より日本アジサイが用いられ、初期の茶会記にも記載されます。「七変化」とも表記され、現在と同じ「ガクアイジサイ」や「ヤマアジサイ」などのごく身近な草花が用いられました。「笹百合」は清楚な雰囲気をもちつつ、笹の葉を思わせる涼やかな姿が印象的で、奈良・率川神社の三枝祭(さいくさのまつり)に縁のあることで知られています。「都忘れ」の紫色が全体の色合いを引き締め、釣舟から下がる「紫陽花」にはたっぷり露を打つとより一層清々しさが感じられます。