toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2020-04-01

4月の茶花

▼花
白花延齢草(しろばなえんれいそう)
雪柳(ゆきやなぎ)

▼花入
小堀遠州 竹一重切

卯月を迎えると11月に開いた茶席の炉もいよいよ名残となり、釣釜や透木釜がお目見えします。それにともなって茶花も枝ものから草花へと少しずつ移り変ります。「白花延齢草」はユリ科の「延齢草」の仲間で、白い花を咲かせるところが珍しく、花の大きさも少しだけ異なります。山野草の中では比較的早い時期に花を咲かせ、大振りな葉に楚々とした白花が鮮やかに映えます。「雪柳」はバラ科の落葉低木で、柳のように風になびく姿に白い雪のような花をチラチラと付けます。ここでは「白花延齢草」の白を活かすために花のあえて咲いていないものを用いました。