toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2018-07-02

7月の茶花2

▼花
浜撫子(はまなでしこ)
鋸草(のこぎりそう)
松明草(たいまつそう)
内田向日葵(うちだひまわり)
岡虎の尾(おかとらのお)
唐糸草(からいとそう)
屋久島芒(やくしますすき)

▼花入
宗全籠

7月頃になると、暑さも本番を迎え始め、一日花も多く出てくるため早朝の頃より茶花の用意をし、席中へは涼やかさを取り入れる工夫をします。「浜撫子」は、あまり聞き慣れない名前ですが、浜辺に生えるナデシコ科の多年草で、背丈が低く葉が厚くつやがあることから、他のナデシコ科の茶花に比べ違った印象があります。「松明草」は、洋花として親しまれている花の一つですが、その形が夜の明かりを連想させる松明に似ていることから名付けられ、力強く咲いた姿は夏の火花を連想させてくれますね。「唐糸草」は開くと紅紫の花穂上の垂れ下がる花を咲かせますが、ここでは開くまえのものを使用しています。「屋久島芒」を中心に風に靡くように、全体に自然に流れを作り、夏草の風情を表しました。