toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2018-01-10

1月の茶花

▼花
曙(あけぼの)
白梅(はくばい)

▼花入
古銅鯉耳

新年を迎え、全国の茶席では華やかな雰囲気のなかにも粛々とした初釜が催されます。「曙」は春を告げるにふさわしい名前が付けられており、初春に用いられる茶花の定番として活躍します。「梅」は、「松竹梅」に代表されるように、お正月には欠かすことが出来ない花材であり、新年に他の花に先駆けて咲くことから、武士にとっても大切な花のひとつとして扱われてきました。ピンク色の「曙」は優しくほのかな温かみを感じさせ、これから咲き誇るであろう「白梅」の蕾の数々が賑やかさを演出してくれます。