toggle

過去の茶花

過去の茶花

#
2017-12-02

12月の茶花2

▼花
西王母(せいおうぼ)
蝋梅(ろうばい)

▼花入
藍阿蘭陀 八角口

「西王母」は一重の筒咲中輪のピンク色の花を付ける椿で、幕末頃に金沢の地で誕生したといわれています。実際に金沢の旧家また茶家の庭などには良く植えられている比較的身近な椿のひとつです。古代中国で3000年に一度実を付けるという伝説上の桃の木を持つ仙女の名を指し、その桃の実にあやかってふっくらとした花を咲かせることからの名称と思われます。「蝋梅」は、花が蝋細工のように見えることや、陰暦の臘月(12月)に梅に似た花を咲かせることから名付けられました。形の整った爽やかな藍紅毛花入に、上品な「西王母」と優しい色合いの照葉の残った枝ぶりの面白い「蝋梅」を添えました。