toggle

過去の茶花

過去の茶花

1月の茶花

▼花 曙(あけぼの) 白梅(はくばい) ▼花入 古銅柑子口 新しい年を迎え気持も改まると、華やかな雰囲気の中にも正月を慶ぶ初釜が催されます。各流派の御家元の初釜(稽古)をはじめ、全国各地の茶人により寿ぎの釜が懸けられます …続きを読む >

1月の茶花2

▼花 水仙(すいせん) ▼花入 青白磁水注 「衝羽根」は、ビャクダン科ツクバネ属の落葉小低木で、楕円形の実が羽根に使われていたことから「羽子の木」とも呼ばれます。また羽根突き遊びはこの実を手で衝いて遊んでいたものが、時代 …続きを読む >

12月の茶花

▼花 太郎庵(たろうあん) 木豇豆(きささげ) ▼花入 小堀宗中作 竹二重切 師走に入り本年も残すところあとひと月となりました。この一年を振り返りつつ、来たる年への準備に気忙しい中にもこの時期ならではの茶の湯を楽しみます …続きを読む >

12月の茶花2

▼花 水仙(すいせん) ▼花入 毛織 鮟鱇形 「水仙」は日本の各地の海岸線に群生していますが、もともとは地中海原産の植物でシルクロードを通り中国へ渡ったのち日本にやってきました。「ニホンズイセン」と呼ばれるものは、その渡 …続きを読む >

11月の茶花

▼花 白比咩(しらひめ) 伊賀風樹(いがふうじゅ) ▼花入 信楽三角 街中では紅葉も色づき始め、次第に冬を迎える準備を進めるとともに秋の名残を楽しむ時節となりました。茶の湯に於いては、炉開きに始まり口切など茶人の正月と呼 …続きを読む >

11月の茶花2

▼花 浜菊(はまぎく) 灯台躑躅(どうだんつつじ) ▼花入 青磁尊式 「浜菊」はキク科の低木多年草で、沿岸や砂浜、崖などに群生し「吹上菊」とも称されます。「灯台躑躅」はツツジ科の落葉低木で、初夏には下垂する白い花をチラチ …続きを読む >

10月の茶花

▼花 白菊(しらぎく) 菊渓菊(きくたにぎく) 莢蒾(がまずみ) ▼花入 魚住為楽作 砂張瓢形 「菊渓菊」はキク科の多年草で、細い枝に黄色の小振りな花を沢山つけます。名称は京都の菊渓(川)に自生することからで、別名を「ア …続きを読む >

10月の茶花2

▼花 浜菊(はまぎく) 野菊(のぎく) 杜鵑草(ほととぎす) 藤袴(ふじばかま) 金水引(きんみずひき) 吾亦紅(われもこう) 水引(みずひき) ▼花入 手付宗全籠 「浜菊」はキク科の低木状の多年草で、沿岸や砂浜、崖など …続きを読む >

9月の茶花

▼花 秋海棠(しゅうかいどう) 野菊(のぎく) 吾亦紅(われもこう) 女郎花(おみなえし) 金水引(きんみずひき) セージ(せいじ) 風知草(ふうちそう) ▼花入 籐組手付籠 9月に入ると少しずつ暑さもやわらぎ、虫の音や …続きを読む >

1 2 3