toggle

過去の茶花

過去の茶花

6月の茶花

▼花 乙女百合(おとめゆり) 柿蘭(かきらん) 半夏生(はんげしょう) ▼花入 認得斎 竹二重切 「乙女百合」は、淡い色合いと可憐な姿が「笹百合」に似ており、花が小振りな事から呼ばれます。また背丈が低く、楚々として上品な …続きを読む >

6月の茶花2

▼花 紫陽花(あじさい) 下野(しもつけ) 金糸梅(きんしばい) 蛍袋(ほたるぶくろ) 曙升麻(あけぼのしょうま) 半夏生(はんげしょう) 屋久島芒(やくしますすき) ▼花入 本江和直斎 竹組手付籠 6月に入ると日本の各 …続きを読む >

5月の茶花

▼花 大山蓮華(おおやまれんげ) 紫蘭(しらん) ▼花入 青磁笋 5月に入ると爽やかな薫風とともに本格的に草花がお目見えし茶席を彩ります。「大山蓮華」はモクレン科の落葉小高木で、気品のある白色で初風炉の時期の代表的な花と …続きを読む >

5月の茶花2

▼花 黒百合(くろゆり) 髄菜(ずいな) ▼花入 古銅大曽呂利 「黒百合」は霊峰白山に自生するところから石川県の郷土の花として親しまれており、夏季になると登山道に群生して、大自然の中で楚々とした姿を見せてくれます。ユリ科 …続きを読む >

4月の茶花

▼花白根葵(しらねあおい)木五倍子(きぶし) ▼花入古銅下膨 4月に入ると寒さも落ち着きはじめ、茶席の中には春草を主体とした茶花がお目見えします。椿はラッパ咲や八重などの変り種のものが多くなり、真の花入に山野草を探して入 …続きを読む >

4月の茶花2

▼花 桜(さくら) ▼花入 真塗手桶 茶席ではあまり用いられることのない「桜」ですが、掛物との兼合いを考慮し用いました。枝ぶりが面白い動きのあるものを選び、花留めにはこの時節らしく五徳蓋置を使いました。真塗手桶の水面には …続きを読む >

3月の茶花

▼花 谷間の鶴(たにまのつる) 鶯神楽(うぐいすかぐら) ▼花入 古銅 四方 「谷間の鶴」は、桃紅色の一重椀咲きの中輪で、江戸時代末期に金沢において命名されました。そのため地元では特に親しみの深い花として知られています。 …続きを読む >

3月の茶花2

▼花 太郎庵(たろうあん) 土佐水木(とさみずき) ▼花入 小代 菱形 「太郎庵」は淡桃色の一重の中輪で、抱え~筒咲きに花を咲かせます。やや枝を垂れ下がり気味に付けるところが特徴で、古くから人気があることで知られています …続きを読む >

2月の茶花

▼花紅妙蓮寺(べにみょうれんじ)雪柳(ゆきやなぎ) ▼花入浅井宗兆作 輪無二重切 立春を迎えると、まだ寒気の居座る中にも暦の上では春を迎えた喜びからか、どこか清々しい気持ちになります。「紅妙蓮寺」は愛知地方の原産で上品な …続きを読む >

1 2 3