toggle

過去の茶花

過去の茶花

9月の茶花

▼花 秋海棠(しゅうかいどう) 野菊(のぎく) 吾亦紅(われもこう) 女郎花(おみなえし) 金水引(きんみずひき) セージ(せいじ) 風知草(ふうちそう) ▼花入 籐組手付籠 9月に入ると少しずつ暑さもやわらぎ、虫の音や …続きを読む >

9月の茶花2

▼花 秋海棠(しゅうかいどう) 禊萩(みそはぎ) 水引(みずひき) ▼花入 池田瓢阿作 籐組手付有馬籠 「秋海棠」は中国原産で江戸時代初期に渡来し、園芸用として栽培されてきました。「瓔珞草」、「相思草」などの異称があり、 …続きを読む >

8月の茶花

▼花 芙蓉(ふよう) ▼花入 青磁不遊環 「芙蓉」は中国原産のアオイ科フヨウ属の多年草で、初秋の茶席の花を飾ってくれます。漢画や詩歌の題材によく用いられ、日本においても絵画、美術工芸品など日本人の生活における身近な植物と …続きを読む >

8月の茶花2

▼花 秋海棠(しゅうかいどう) 桔梗(ききょう) 縞葦(しまよし) ▼花入 瀬戸徳利形 8月に入り、立秋を迎えると、まだまだ暑さの残る中にも少しでも秋を見つけたいものです。「秋海棠」は、花の色が「カイドウ」の木に似ていて …続きを読む >

7月の茶花

▼花 夏椿(なつつばき) 風鈴草(ふうりんそう) ▼花入 古銅象耳 「夏椿」は別名を「シャラノキ」と称し、仏教における聖木であるインドの「沙羅双樹」と似ているために付けられた名前ですが、実際の「沙羅双樹」とは異なることで …続きを読む >

7月の茶花2

▼花 浜撫子(はまなでしこ) 鋸草(のこぎりそう) 松明草(たいまつそう) 内田向日葵(うちだひまわり) 岡虎の尾(おかとらのお) 唐糸草(からいとそう) 屋久島芒(やくしますすき) ▼花入 宗全籠 7月頃になると、暑さ …続きを読む >

6月の茶花

▼花 七段花(しちだんか) 蛍袋(ほたるぶくろ) 岡虎の尾(おかとらのお) 河原撫子(かわらなでしこ) 半夏生(はんげしょう) 竹島百合(たけしまゆり) 蒲(がま) ▼花入 輪組手付籠 「七段花」はユキノシタ科で山紫陽花 …続きを読む >

6月の茶花2

▼花 鉄線(てっせん) 夏椿(なつつばき) 燕尾仙翁(えんびせんのう) ▼花入 唐銅薬研形釣舟 釣舟花入は夏季を代表する花入の一つとして、川や海を舟が渡っていく姿は涼を感じさせます。床の間全体を使って、上から吊り下げる姿 …続きを読む >

5月の茶花

▼花 苧環(おだまき) 都忘れ(みやこわすれ) 紫蘭(しらん) 伊吹虎の尾(いぶきとらのお) 屋久島芒(やくしますすき) ▼花入 竹友斎作 手付脛当籠 5月に入り、茶席にはいよいよ籠花入がお目見えします。季節感をことの外 …続きを読む >

1 2 3