toggle

過去の茶花

過去の茶花

11月の茶花

▼花 白比咩(しらひめ) 伊賀風樹(いがふうじゅ) ▼花入 信楽三角 街中では紅葉も色づき始め、次第に冬を迎える準備を進めるとともに秋の名残を楽しむ時節となりました。茶の湯に於いては、炉開きに始まり口切など茶人の正月と呼 …続きを読む >

11月の茶花2

▼花 浜菊(はまぎく) 灯台躑躅(どうだんつつじ) ▼花入 青磁尊式 「浜菊」はキク科の低木多年草で、沿岸や砂浜、崖などに群生し「吹上菊」とも称されます。「灯台躑躅」はツツジ科の落葉低木で、初夏には下垂する白い花をチラチ …続きを読む >

10月の茶花

▼花 白菊(しらぎく) 菊渓菊(きくたにぎく) 莢蒾(がまずみ) ▼花入 魚住為楽作 砂張瓢形 「菊渓菊」はキク科の多年草で、細い枝に黄色の小振りな花を沢山つけます。名称は京都の菊渓(川)に自生することからで、別名を「ア …続きを読む >

10月の茶花2

▼花 浜菊(はまぎく) 野菊(のぎく) 杜鵑草(ほととぎす) 藤袴(ふじばかま) 金水引(きんみずひき) 吾亦紅(われもこう) 水引(みずひき) ▼花入 手付宗全籠 「浜菊」はキク科の低木状の多年草で、沿岸や砂浜、崖など …続きを読む >

9月の茶花

▼花 秋海棠(しゅうかいどう) 野菊(のぎく) 吾亦紅(われもこう) 女郎花(おみなえし) 金水引(きんみずひき) セージ(せいじ) 風知草(ふうちそう) ▼花入 籐組手付籠 9月に入ると少しずつ暑さもやわらぎ、虫の音や …続きを読む >

9月の茶花2

▼花 秋海棠(しゅうかいどう) 禊萩(みそはぎ) 水引(みずひき) ▼花入 池田瓢阿作 籐組手付有馬籠 「秋海棠」は中国原産で江戸時代初期に渡来し、園芸用として栽培されてきました。「瓔珞草」、「相思草」などの異称があり、 …続きを読む >

8月の茶花2

▼花 秋海棠(しゅうかいどう) 桔梗(ききょう) 縞葦(しまよし) ▼花入 瀬戸徳利形 8月に入り、立秋を迎えると、まだまだ暑さの残る中にも少しでも秋を見つけたいものです。「秋海棠」は、花の色が「カイドウ」の木に似ていて …続きを読む >

8月の茶花

▼花 芙蓉(ふよう) ▼花入 青磁不遊環 「芙蓉」は中国原産のアオイ科フヨウ属の多年草で、初秋の茶席の花を飾ってくれます。漢画や詩歌の題材によく用いられ、日本においても絵画、美術工芸品など日本人の生活における身近な植物と …続きを読む >

7月の茶花

▼花 夏椿(なつつばき) 風鈴草(ふうりんそう) ▼花入 古銅象耳 「夏椿」は別名を「シャラノキ」と称し、仏教における聖木であるインドの「沙羅双樹」と似ているために付けられた名前ですが、実際の「沙羅双樹」とは異なることで …続きを読む >

1 2 3