toggle

過去の茶花

過去の茶花

3月の茶花

▼花 谷間の鶴(たにまのつる) 鶯神楽(うぐいすかぐら) ▼花入 古銅 四方 「谷間の鶴」は、桃紅色の一重椀咲きの中輪で、江戸時代末期に金沢において命名されました。そのため地元では特に親しみの深い花として知られています。 …続きを読む >

3月の茶花2

▼花 太郎庵(たろうあん) 土佐水木(とさみずき) ▼花入 小代 菱形 「太郎庵」は淡桃色の一重の中輪で、抱え~筒咲きに花を咲かせます。やや枝を垂れ下がり気味に付けるところが特徴で、古くから人気があることで知られています …続きを読む >

2月の茶花

▼花紅妙蓮寺(べにみょうれんじ)雪柳(ゆきやなぎ) ▼花入浅井宗兆作 輪無二重切 立春を迎えると、まだ寒気の居座る中にも暦の上では春を迎えた喜びからか、どこか清々しい気持ちになります。「紅妙蓮寺」は愛知地方の原産で上品な …続きを読む >

2月の茶花2

▼花白玉(しらたま)万作(まんさく) ▼花入青磁不遊鐶 「白玉」は白椿を代表する名花で、その清楚な姿から多くの茶人に愛されてきました。炉の時期には長い期間花をつけ、抱え~筒咲きの一重、小輪で蕾が丸いのが特徴です。「万作」 …続きを読む >

1月の茶花

▼花 曙(あけぼの) 白梅(はくばい) ▼花入 古銅柑子口 新しい年を迎え気持も改まると、華やかな雰囲気の中にも正月を慶ぶ初釜が催されます。各流派の御家元の初釜(稽古)をはじめ、全国各地の茶人により寿ぎの釜が懸けられます …続きを読む >

1月の茶花2

▼花 水仙(すいせん) ▼花入 青白磁水注 「衝羽根」は、ビャクダン科ツクバネ属の落葉小低木で、楕円形の実が羽根に使われていたことから「羽子の木」とも呼ばれます。また羽根突き遊びはこの実を手で衝いて遊んでいたものが、時代 …続きを読む >

12月の茶花

▼花 太郎庵(たろうあん) 木豇豆(きささげ) ▼花入 小堀宗中作 竹二重切 師走に入り本年も残すところあとひと月となりました。この一年を振り返りつつ、来たる年への準備に気忙しい中にもこの時期ならではの茶の湯を楽しみます …続きを読む >

12月の茶花2

▼花 水仙(すいせん) ▼花入 毛織 鮟鱇形 「水仙」は日本の各地の海岸線に群生していますが、もともとは地中海原産の植物でシルクロードを通り中国へ渡ったのち日本にやってきました。「ニホンズイセン」と呼ばれるものは、その渡 …続きを読む >

11月の茶花

▼花 白比咩(しらひめ) 伊賀風樹(いがふうじゅ) ▼花入 信楽三角 街中では紅葉も色づき始め、次第に冬を迎える準備を進めるとともに秋の名残を楽しむ時節となりました。茶の湯に於いては、炉開きに始まり口切など茶人の正月と呼 …続きを読む >

1 2 3