toggle

過去の茶花

過去の茶花

5月の茶花

▼花 大山蓮華(おおやまれんげ) 都忘れ(みやこわすれ) ▼花入 青磁不遊環 皐月に入ると薫風が通り抜けるような好時節とともにこれまでの炉の室礼から風炉へと大きく装いを変えます。釜や香合などの道具類に加え、茶花では椿など …続きを読む >

5月の茶花2

▼花 二人静(ふたりしずか) 都忘れ(みやこわすれ) 苧環(おだまき) 白糸草(しらいとそう) 縞葦(しまよし) ▼花入 籐組籠 「二人静」はセンリョウ科の多年草で同種の「一人静」に対し花穂が2本出ることから、静御前とそ …続きを読む >

4月の茶花

▼花 黒椿(くろつばき) 木瓜(ぼけ) ▼花入 古銅耳付 「黒椿」は4月頃に花を付ける暗紅色の八重咲きで全体に紅紫色の色素が多く新根や枝の髄も紫色になる品種で、咲き初めは松笠状の蕾が特徴的な姿をしています。「木瓜」は平安 …続きを読む >

4月の茶花2

▼花 猩々袴(しょうじょうばかま) 都忘れ(みやこわすれ) 連翹(れんぎょう) ▼花入 井戸 「猩々袴」は簪を飾ったような半球状の花を咲かせるユリ科の多年草で春の到来を告げる花として知られており、真っ直ぐな花茎と根出葉が …続きを読む >

3月の茶花

▼花 雲南招霊(うんなんおがたま) 日向水木(ひゅうがみずき) ▼花入 古銅口四方 弥生を迎えると水温む気候に庭の木々の固い蕾は次から次に芽を出し、花を咲かせては次の花へと移り変わっていきます。茶席には釣釜や透木釜が用い …続きを読む >

3月の茶花2

▼花 一休(いっきゅう) 黒文字(くろもじ) ▼花入 青磁玉壷春 「一休」は細く締まった端正な姿の一重筒咲きで、開いても品の良い形を崩さずここでは咲き始めのものを用いました。先細りの雄しべと小振りな葉がよく調和した九州・ …続きを読む >

2月の茶花

▼花 加茂本阿弥(かもほんなみ) 日向水木(ひゅうがみずき) ▼花入 古銅尊式 2月頃は一年の中でも最も寒さが厳しさを増し、茶席には凛とした空気が漂います。また立春を迎えたことで春に向かっていく期待とともに生命の逞しさを …続きを読む >

2月の茶花2

▼花 太郎庵(たろうあん) 白文字(しろもじ) ▼花入 瀬戸椿手 「太郎庵」は淡桃色の一重中輪、抱え咲きで枝は垂れ下がるように付きます。樹性がやや弱いためおっとりとしていてどこか守ってあげたくなる雰囲気を持っています。「 …続きを読む >

1月の茶花

▼花 曙(あけぼの) 白梅(はくばい) ▼花入 古銅大曽呂利 新春を迎えると日本各地で初点式や点初めなどと呼ばれる一年の始まりを告げる茶席が華やかな雰囲気の中粛々と催されます。「曙」は初春を告げるにふさわしい名前で、桃色 …続きを読む >

1 2 3